FC2ブログ
 

幼稚園と保育園どっちがいい?

おっちょこちょいで、泣き虫さくらの未熟児で生まれた2人の娘の子育て談 さくらと娘達の喘息の体験談を中心に、 さくらと一緒に笑顔で子育てをして行こうと言う願いをこめて書いています!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


集団生活

幼稚園と保育園どっちがいい?


幼稚園を探して、選んで、入園する


入園時期が近づいたら、まずは近隣の幼稚園を「探す」。バス通園か徒歩か、お弁当か給食か……などなど、「選ぶ」基準もいろいろあります。


幼稚園選び「三種の神器」とは?


「来年4月から、いよいよ子どもが幼稚園入園!」。そんなご家庭では、いよいよ幼稚園選びの最終時期になりました。お受験を控えているご家庭では、ちょっぴりピリピリしている時期かもしれませんね。 お受験のためにかなり前から準備が必要な幼稚園を選ぶ場合は別。多くの場合、自宅近くのいくつかの幼稚園の中から、親の考え方や子どもに必要と考える教育の中身から、どの園にするかを決めることがほとんどでしょう。みなさんは、どんな基準で子どもの幼稚園を選びますか?

幼稚園を選ぶ際、母親たちに人気があるのは「園バス」「給食」「預かり保育」。この3つは「幼稚園・三種の神器」とまで言われています。確かに、家の近くまで来てくれる園バスは、送り迎えの手間がなくてとても便利。給食があればお弁当を作らなくてもいいので助かります。預かり保育で夕方まで子どもを預けられれば、母親のための用事もあれこれこなせそうですよね。

でも、ちょっとよく考えてください。幼稚園はあくまでも子どものためのものです。なにごとも「便利」という母親の視点だけでなく、子どもからみたらどうなの?と子どもの視点で考えることも必要です。


「三種の神器」を子どもの立場から考えると


園バスは、乗っている時間が長いことがあります。朝と帰りに30~40分程度、道路事情によっては1時間近くもバスに揺られることもあり、園児たちにとってはかなりの負担になります。また、園に毎日母親が行かなくてもいいことから、どうしても園の雰囲気が伝わりにくくなります。

給食はお弁当を作らなくていいので母親は楽かもしれませんが、給食が出るからといって安心はできません。というのも、法律では幼稚園には自前の給食施設は必要ないことになっているからです。そのため、給食を外の業者に依託して運び込む園もあります。子どもたちが毎日口にするものですから、絶対に安心できるものでなければ困ります。気になる幼稚園の給食がどのようになっているのかも、ちゃんと調べておきたいものです。

預かり保育も同じ。「預かる」といっても本当に預かっているだけの園もあるからです。夜までの長時間保育が基本の保育園と違って、幼稚園は基本的に長時間子どもを預かるシステムになっていません。預かり保育があっても利用する子どもの数は毎日数人、ということも。人数が少ないから教室ではなく職員室で預かる……という園もあります。「預かり」の中身も確認しておきましょう。



幼稚園の独自方針を自分できちんと最終確認!


幼稚園の運営母体は、公立(市町村立、国立)、私立(学校法人など)の2つがあります。その母体によっても、いろいろな方針があります。

国立の幼稚園は抽選を始め、いわゆる「お受験」が必要。ただし、ある意味で国の幼稚園教育の「実験」的な立場にあることも理解しておきましょう。市町村立の幼稚園は入学金がなく、2年保育のところが一般的。月謝も安いので通いやすいですが、全部の自治体に揃っているわけではありません。

私立幼稚園の中身は、園ごとにかなりの特徴があります。お受験が必要で、入園してからも高い保育料などでお金がかかり、親の送り迎えが絶対条件の「名門幼稚園」。子どもたちの自主性に任せて好きなことをして過ごせる「自由保育」の園。楽器や体操などに力を入れてみんなで一斉に活動をする「一斉保育」の園。また、シュタイナー(*注1)やモンテッソーリ(*注2)など、独特の教育理念に基づいた教育に力を入れている園もあります。結局、どんな園を選ぶかは、親の考え方次第ということでしょう。

注1:シュタイナー
オーストリア生まれのドイツ人で、哲学者、教育学者として名高い、ルドルフ・シュタイナーが提唱、実践した教育。シュタイナー教育では、「すべて教育は芸術的に行われるべき」とされ、実践している幼稚園では、音楽や絵などを組み入れた独特の教育が行われる。

注2:モンテッソーリ
イタリア生まれの女性医師、マリア・モンテッソーリが、障害児の教育をする過程で編み出した教育法。教えるには独自の資格が必要。



ママの雰囲気で園の様子がわかる


幼稚園の雰囲気を知りたければ、直接園に行って、様子をみることです。お迎えの時間に、お散歩がてら興味のある園まで行ってみては? お迎えに集まってくるママたちの服装や年齢などを見ることで、その園にどんな人たちが子どもを入れているのか、なんとなくでもわかるはずです。 また、この時期、幼稚園によっては運動会や見学会などがあるところもあるので、直接問い合わせたり、ホームページなどで確認してみましょう。

「幼稚園になんとなく入ってみたらビックリ!」では遅いのです。子どもがスムーズに幼稚園に慣れるためにも、まずは親の情報収拾が必要。わからないことがあればなんでも、自分の足で行き、自分の目で確認してみることが大切です。

-幼稚園決定-


テクノラティプロフィール
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
出来立てのBlog専用ランキングサイトです。
是非ご利用下さい。
m(__)m
http://blog.rank7.in/
2007/06/13(水) 19:44 | URL | ブログランキング #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/23(火) 16:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eiennoai2.blog68.fc2.com/tb.php/60-cf707b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
自由保育自由保育(じゆうほいく)は、保育のやり方についていうもので、何か決まったお遊戯、遊び、リトミックなどをみんなで一緒にという設定保育の反対で、特に何をするということでもなく、みんなで自由に遊ばせることをいう。自由時間というわけではなく、自由にしてい
2007/02/21(水) 04:06:31 | 子供の遊び・文学いろいろ
自由保育自由保育(じゆうほいく)は、保育のやり方についていうもので、何か決まったお遊戯、遊び、リトミックなどをみんなで一緒にという設定保育の反対で、特に何をするということでもなく、みんなで自由に遊ばせることをいう。自由時間というわけではなく、自由にしてい
2007/03/03(土) 21:45:29 | 子供の遊び・文学いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。